さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

まさか自分にも!?【ジカ熱】の事を知ろう

      2016/02/13

SPONSORED LINK

tiger-mosquito-49141_960_720

WHO(世界保健機関)が【ジカ熱】に対して、≪緊急事態宣言≫を出しました。2016年2月現在

爆発的に感染する恐れがあり、感染者が最大400万人に達する可能性があると言われています。ジカ熱とは何か、知っておくとよい事をまとめました。

SPONSORED LINK

流行してる場所

christ-redeemer-979219_960_720

2015年5月以降からブラジルを中心とした中南米で感染が広がっています。

2016年1月22現在の中南米の流行地域はバルドバス、ブラジル、コロンビア、エクアドル、ボリビア、エルサルバドル、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、メキシコ、パナマ、パラグアイ、プエルトリコ、スリナム、ベネズエラ、フランス領(グアドループ。サン・マルタン、ギアナ、マルティニーク)

icon-question-circle  日本での発生は?

2016年2月の時点で日本で発生した例はありませんが、海外で感染し、日本で発症した例が2013年以降、3例見つかってます。

どのように感染するのか

ウイルスに感染した人を蚊が吸血して、その蚊が他の感染していない人に吸血することで感染します。2016年2月、人から人への感染例を確認したそうです。

また、感染してもすべての人が発症するわけではなく、症状が軽かったり症状がない事もあり気づかないという事もあるそうです。

感染した時の症状

軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、頭痛、倦怠感などの症状があります。

症状は2~7日ほど続きます。

妊婦が感染すると

ブラジルでは頭が小さく脳の発達が遅れる小頭症の新生児が急に増えていることから『ジカ熱』との関連が指摘されています。しかし、2016年2月現在、科学的な検証による因果関係は発見されていません。

妊婦の感染流行地域への渡航は自粛が望ましいとされています。

注意する点

stadium-181457_960_720

2016年8月5日~8月21日までブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが開催されます。WHOは渡航制限は現在ありませんが注意が必要です。

icon-check-square-o 予防法

蚊にさされないようにする事が大切になります。長袖、長ズボンなどの着用や虫よけスプレーなどの使用が推奨されています。

もし流行地域で蚊にさされたら?

蚊に刺されたというだけで過分に心配する必要はないとの事です。

icon-question 心配な場合

帰国した際に、空港等の検疫所。また、最寄りの保健所等に相談してください。

発熱などの症状がある場合は、医療機関の受診してください。

SPONSORED LINK

 - 子育て