さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

【2018年年賀状】投函する日に注意!!

   

SPONSORED LINK

2017年6月にハガキの料金が62円に値上げされた記事を書きましたが、

その中で「年賀はがき」は値上げされず52円と紹介しました。

しかし、注意してほしいのが投函する日によって62円になってしまうという事です。みなさん、知っていましたか??

今回は、いつまでに投函したらいいのかなど注意点をまとめました。

SPONSORED LINK

投函する日

年賀状を投函する日が早くても遅くてもいけないんです。

年賀状を52円で送れるのは

2017年12月15日(金) ~ 2018年1月7日(日)

11月から年賀はがきを購入できるので、すでに書き終えている方もいらっしゃるかと思いますが、投函するのはまだ早いです!15日まで待ちましょう

知らずに14日までに出してしまった場合・・

 

通常のはがきとして取り扱われてしまうので「10円分」の料金不足となってしまいます。差出人(自分)の住所を管轄する郵便局管内のポストへ投函した場合は差出人(自分)に戻ってくるそうですが、郵便局管外だとそのまま送り先に配達され、不足している料金を送り先の方に請求する事になってしまいます。

他の場合はどうなるの??

2018年1月8日~1月15日までに投函

この時期に関しては特別対応という形で、相手の方の住所に送るのではなく差出人(自分)に戻ってくるそうです。

その場合、10円分の切手を貼り足す必要があります。

2018年1月16日以降

余程の理由がなければ1月16日以降に年賀状を送る事はないと思いますが、万が一16日以降に年賀状を送った場合

2017年12月14日までに送ってしまった場合と同様に

差出人(自分)の住所を管轄する郵便局管内のポストへ投函した場合は差出人(自分)に戻ってくるそうですが、郵便局管外だとそのまま送り先に配達され、不足している料金を送り先の方に請求する事になってしまいます。

さいごに

年賀はがきの料金について事前に理解できたでしょうか??

知らないと送り先の方に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

2017年もあと少し、気持ち良い新年を迎えましょう。

SPONSORED LINK

 - 日常生活