さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

【青銅の鉢】部屋をおしゃれに!

   

SPONSORED LINK

アパート住まいの人でも気軽に楽しめる鉢植え。

多肉植物・観葉植物などいろいろな楽しみ方がありますよね。

今までプラスチックで出来た鉢を使っていたけど飽きてしまった方におススメする鉢があります。

材質にこだわってみませんか??

SPONSORED LINK

おススメの鉢とは!

私がおススメしたいのは「銅」です。

今回は青銅という材質です。「せいどう」

酸化すると青くなります。

だから青銅という名前が付いています。

製品は鋳物です。

砂型に、溶けた青銅を流し込み、冷却します。

「鋳肌」と言いますが鋳物独特の肌触りです。

青銅の特徴とは・・

↑ 鉢サイズ 高さ 55mm 直径 130mm 重量 1500g

↑ 鉢サイズ 高さ 55mm 直径 130mm 重量 1500g

鉢の色が違うの分かりますか?自然に色が変わり、化学反応を利用した「味」を楽しめます。

ちなみに・・・

元々の色は下記の写真の色なんですよ。

↑ 鉢サイズ 高さ 75mm 幅 200mm 奥行160mm 重量 3400g

身近なもので行くと、10円玉ですね。

10円玉も銅です。

そして、水が腐りません。

銅には抗菌作用がありますので、清潔です。

少々重量がありますが、プラスチック製とは違い重厚感が違います。

使用例を紹介します

icon-arrow-right 観賞植物 icon-arrow-left

↑ 鉢サイズ 高さ 65mm 幅 80mm 重量 700g

↑ 鉢サイズ 高さ 50mm 幅 75mm 重量 700g

 icon-arrow-right 多肉植物 icon-arrow-left

↑ 鉢サイズ 高さ 45mm 幅 90mm 重量 680g

↑ 鉢サイズ 高さ 45mm 幅 100mm 高さ 310mm 重量 1130g

色が変わりかけていますね。

それぞれ鉢によって違いがあるので楽しめます。

どの鉢もプラスチックにはない

「味」

「経年変化」

を、楽しむことができます。

青銅について

今回紹介した「青銅の鉢」はこちらの会社せ製造されている物になります。

気になった方は一度、問い合わせしてみてはいかがですか??

ものづくり職人 い~もの職人 の中でも青銅鉢が記載されています。

お問い合わせは

株式会社 山口製作所 tel 0581-52-1170

SPONSORED LINK

 - 日常生活