さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

【緊急用脱出ハンマー】もしもの時の為に備えよう

   

SPONSORED LINK

もし、事故などで車内に閉じ込められてしまったら、と思った事ありませんか?

そんな時にあると助かるのが「緊急用脱出ハンマー」。

緊急用脱出ハンマーについてや使い方をまとめてみました。

SPONSORED LINK

緊急用脱出ハンマーとは

車が水没してしまったり、交通事故などを起こしドアが開かず閉じ込められてしまったとき、ガラスを割って車外に脱出するためのものです。

一刻を争う時に車内にある硬い物やペンなどを使って窓ガラスを割ろうとしても難しいと思います。そんな時に備えてあるといいのがこの緊急用脱出ハンマーです。また、シートベルトが外せなくなった場合のためにカッターが付いたものもあります。

また、たくさんの種類のハンマーが販売されていますが、中には本来の機能を発揮できない商品もあったみたいです。購入済みの方はこちらで確認してみてください。

購入しました

メルテック製(大自工業)

FT-16 レスキューハンマー

この商品はシートベルトカッターも付いています。

価格は1,000~1,500円程でインターネット・ホームセンター・カー用品店で売られています。

本体サイズ 幅72×高さ198×奥行24mm
重量 166g
付属品 収納ホルダー、両面テープ、取付用ネジ、ニードルピン

まだ、実際に使ったことはありませんが、重さが166gで持った時も軽いと思ったので女性や高齢の方でもわずかな力で使えると思います。

どこに取り付ければいいの?

車内にあればどこでもいいというわけにはいきません。

一番は、緊急時に手の届く場所にあること!

シートベルトが外せない場合(シートベルトがロックされてしまった時)を考えた時に運転している人・助手席にいる人の手が届く場所でないといけませんよね。ドアポケットやセンターコンソールボックスなど私の愛車は運転席の左側の足元に設置しました。

今回、ハイエースは助手席の頭上に取付しました。

取り付け方法

取り付け方法はシートに又はカーペットに長い針を刺してブラケットを車に固定します。そのブラケットにハンマー本体を取り付けます。

※商品により取付方法が違ってくるので取扱説明書を読み、適切に取り付けをしましょう。

さいごに

緊急脱出ハンマーを使わずにいれる事が一番いいですが、「もしもの時」の事を思うと車に装備しておきたいですよね。

ハンマー自体も車内にあると邪魔になる大きさでもないし、1,000~1,500円程で購入できるため車1台につき1本は備えておきましょう。

ぜひ、使わない事を祈っています。

SPONSORED LINK

 -