さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

コストコ 作業灯(ワークライト)

   

SPONSORED LINK

ガレージにて作業していて『蛍光灯の明かりだけでは物足りない』『影になって、見たいところが見れない』と感じた事ありませんか??

そんな時、作業灯(ワークライト)があるととても便利です。

SPONSORED LINK

コストコで購入

私はコストコにお邪魔した際に見つけました。

2000LM(ルーメン)で100v電源で、3980円。

なかなか、ここら辺の明るさで100v電源でこの値段って無いんですよね。値段には変動があるので気をつけてくださいね。

様々な特徴とは

充電タイプ

1、電源コードがありません。

2、コンパクトである。

3、明るさに限界がある。

4、使用時間に限りがある。

5、バッテリーの寿命が本体の寿命に近い。

6、高価。

7、バッテリー残量が少なくなってくるとチラつく。

コンセントタイプ

1、安価である。

2、使用時間に限りがない。

3、バッテリーの残量に関係ないためチラつかない。

4、100v電源がとれる場所、環境でなければなりません。

5、非常に明るい。高出力。

6、ほとんどの現場で延長コードが必要。

裸電球、又は蛍光灯

1、玉切れする。

2、接触不良が意外に多い。

3、落とすと割れる。

4、裸電球は熱い。消費電力が大きい。

5、蛍光灯は本体が大きい。長い。

6、安価である。

LED電球

1、消費電力が小さい。(バッテリー長持ち)

2、衝撃に対して対策が施されている物もある。

3、高価。

4、高出力なのに小型。

5、視認性が良い。(目標物を確認しやすい)

6、指向性があるため奥行きのある作業場所でも光が届く。

以前使っていた作業灯

蛍光灯タイプで100vコンセント。値段は2000円くらい。

まず、夜使うと暗い。無いよりはマシ、という程度で明るさに不満がありました。

そして、蛍光灯カバーの固定されている部品がカパカパですぐに外れる。

本体が細長く周辺を照らす程度にしか使えない。

指向性が無いため、ぼんやり明るい。

しかし、出力の小さい蛍光灯のため暗い。

コストコにて購入

ネット、工具屋さん、ホームセンター等いろいろ調べましたが納得のいくものは20000円~30000円と高価であり、

そう簡単に手が出るものはありませんでした。

値段が下がれば暗い、と前の作業灯に逆戻りしてしまいます。

8000円くらいの商品をホームセンターにて発見しましたが本体が大きく、作業灯には取り回しに苦労すると判断しました。

いろいろ書きましたが、たどり着いたと思います。やっと欲しいものに。

MASTERGRIP LED Worklight   2000LM

足が付いており安定感抜群。

↓最前傾

↓最後退

↓正面

↓本体裏側の表記

安いだけあって、細かなビス等は少し大雑把な感じがします。

そして、この明るさ。

夜、部屋の電気を消し手元すら確認できない暗さにして、

購入したライトのみ点灯させています。

写真では分かりずらいですが明るすぎるくらい明るいです。

早くこれを使って作業したいと思います。

SPONSORED LINK

 - コストコ,