さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

シマノ クーラーボックス フィクセル

      2016/02/15

SPONSORED LINK

PC270610

ついに買ってしまいました。

シマノ フィクセル・プレミアム300 ZF-030N

6面真空パネル、I-CE90 楽天にて35000円(送料込み)。これは、釣りをする人用のクーラーボックスになります。

PC270616我が家では、年末年始など遠征車中泊に家族でたびたび出かけます。

他のブログにて紹介している

イグルーのクーラーボックス マックスコールドプレミアム 6Days 58リットル

PC280599

 

PC290618

に加えての購入です。

SPONSORED LINK

購入理由

PC270611

PC270613

PC270612

PC270614

PC270615

イグルーのクーラーボックスだけではさすがに5泊することが無理なのは、経験済みです。その対策として、板氷を現地にて調達していたのですが板氷も安くありません。

だからと言って、少ない氷を補充してもすぐになくなってしまう。

板氷一枚、300円程度。保冷剤などが機能している(まだ冷えている)、時に氷を二枚入れても、次の日(約24時間後)には溶けているため再び購入。

だいたい3泊目の夕方に最初の氷を購入するため5泊だと3回は購入することに。金額にして1800円

しかし、お店によっては売り切れている可能性も。

さらに板氷を追加追加でいれているだけでは、お茶もビールも冷たくておいしいと思うほどは冷えてくれない

いつかは、積もり積もってそれなりの金額になると思い、積もり積もる前に買っちゃいました。

早速、使いました。

では、2015、12月29日 ~ 2016、1月3日の実際に使ってみたレポートを紹介します。

まず、ケーキなどを購入した時に一緒に入れてくれる小さな保冷剤を、常温状態のクーラーボックスに入れておきます。

PC290616

個人的には出発する前の12時間くらい前に入れておきます。

朝出発するのであれば、夕食時にビールを取りに行ったついでに保冷剤をクーラーボックスに入れております。

今回は

29日14:00出発予定だったため、28日の寝る直前に入れておきました。

○ 12月28日 23:00 事前保冷剤投入

○ 12月29日 13:30 事前保冷剤を取り出し、クーラーボックス内に持って行くもの全て投入。

icon-check-circle 投入内容 

・ロゴス -16℃倍速凍結 氷点下パックXL 2個

・凍らせたお茶 2ℓペットボトル 2本

・冷蔵庫で冷やしてあっただけのお茶 2ℓペットボトル 2本

・冷蔵庫で冷やしてあっただけのお茶 500mlペットボトル 4本

○ 12月30日 08:00 全く溶けていません。

○ 12月31日 12:00 なんと500mlペットボトルの1本が少し凍り始めていました。

この時、ロゴスの保冷剤は、霜が付いていませんでした。(溶け始めているという事です。)

○ 12月31日 20:00 お茶が減ってきたためシマノからイグルーへお茶を移動させた。

その時、ビールをシマノへ移した。

○ 01月01日 09:00 お茶が2割ほど溶けているだけでとても飲めないため車内に裸の状態で放置。

○ 01月01日 22:00 シマノの中のビールが驚くほど冷えていてうまい。

○ 01月02日 08:00 お茶が溶けないため再び車内に放置。

○ 01月03日 19:00 帰宅 シマノの中の、凍らせて出発の時投入した2ℓのペットボトルは半分以上凍ったまま。

さすが6面真空 I-CE90

2014年年末にも同じように出かけましたが、とてもビールが美味しいと思うほどの温度をキープしてくれることはなかったため非常に満足である。

SPONSORED LINK

 -