さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

【パッソ】足回りブッシュ交換

      2018/01/25

SPONSORED LINK

最近、我が家の愛車がわずかな段差で「ごとごと、ごとごと」

年数及び総走行距離がある程度進んでいると仕方のない症状の一つです。

SPONSORED LINK

足回り部品一掃

トヨタ パッソ KGC-10ーAHSAK FF 平成18年式

フロントで、14,000円。

簡単に言うとショックアブソーバーと、コイルスプリング以外すべて交換です。

リアで、7,000円。

フロントと、同じくショックアブソーバーと、コイルスプリング以外すべて交換。

「自分で作業できるから工賃は必要なし」と、また工賃を節約できました、主人に感謝です

用意したもの

  1. 部品一式
  2. 工具一式(ラチェット等、ホームセンターで揃います)
  3. スプリングコンプレッサー(工具屋、ストレートで購入。4000円)
  4. ジャッキ(ショックアブソーバーを外した時足回りがダランとならないように、と、取付の時サポート代わりになる)
  5. コイルスプリングに取り付けるラバー。(量販店、sサイズ)
  6. 5、のラバーを取り付けるための万能接着剤

作業の内容

フロント上側のナットです。再利用しない方が良いです。

これを外すために、ワイパー、ワイパー周りの黒い樹脂カバーを外す必要があります。

※作業に関する失敗等は自己責任でお願いします!!!

ポイント

ショックアブソーバー真ん中の白いカバーを外すと、ナットが1つ見えますが、車に取り付けられた状態でちょっとだけ緩めておくと後が楽です。これも再利用しない方がいいです。

下側はこのボルト2本外します。

一応、車体が落下しないように外したタイヤは車体の下に滑り込ませておきましょう。

すると、フロントのショックアブソーバーは外れます。

このコイルスプリングに取り付けられているラバーは単品で購入できないので、量販店などで購入します。

私はsサイズと言うのを購入しました。ばっちりでした。

取り付けておかないと走行時音がしますので必ず取り付けましょう。

上側も同じように、ラバーを忘れないように。

スプリングコンプレッサーでスプリングを縮ませる。

上側真ん中のナット1つを取り外す。

ショックアブソーバー単体になったら、縮ませてみて、戻ってくるかどうか確認する。

ほぼ、へたっていること間違いなしですが「クチュクチュクチュ」

っという音ならほぼOKです。

用意しておいた部品を取り付け各部清掃します。

フロントが出来ればリアは簡単です。

私はリアのバンプストップも交換しました。

リアも砂などしっかり清掃する事をおススメします。

作業自体はゆっくりやりながら4時間くらいです。

私はコイルスプリングに取り付けられているラバーを交換しましたので接着のため一晩放置しました。

コイルスプリングはそれぞれコイルの終わりが定位置に来るように上側、下側共にくぼみがあります。その位置にしっかり収まるように取付してください。

車体重量を支える重要な部品です。作業は自己責任と共に不安であればディーラーなどで作業してもらう事を強くお勧めします。

交換自体はささっと終わらせまして、早速試運転です。

感動します。ごとごと言わなくなりました。

また、延命メンテ一つ終了しました。

同じような症状でも原因が違う場合がありますのであくまで参考程度でお願いします。

ちなみにディーラー丸投げで70000円くらいと言われましたので自分でやってみるのも良いかもしれません。

みなさんトラブル無しのカーライフを。

SPONSORED LINK

 -