さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

愛車を守るための冬支度にやらなければならない6つの事

      2016/01/30

SPONSORED LINK

DSCF3516

今年も(やっと?)寒くなってきて2016/01/18に、雪の予報が出されました。

そんな中で車というのが生活の必需人になっている方も多いと思います。

保育園などの送迎。

スーパーなどへの買い出し。

通勤。

雪が降ってから、ひどく冷え込んでからよりも事前に準備するのもドライバーの務めではないでしょうか。

もちろん、自分でやるということは節約にもつながります。

SPONSORED LINK

スタッドレス交換

15-11-21_3312

 

15-11-21_3330

とりあえず今付いている夏用タイヤを外します。

スリップサインプラットホームに注意して交換時期を考えてください。

タイヤに三角のマークがありますのでその接地面を見てください。

タイヤの溝の窪んだ所の部分的に膨らんだ部分が地面に接しているかどうかです。

当然ながら空気圧も確認してください。

空気圧は運転席ドアを開けた左側に記載されています。

DSCF3529

純正鉄ホイールがくすんできたため塗装します。

15-11-21_3319

15-11-21_3318

見た目にこだわるのも大切ですが、一番は防錆です。錆は車の天敵です。

この時期に塩化カルシウムなどの凍結防止剤というものが道路に撒かれていますが、はっきり言って「塩」です。

「塩」は鉄を錆びさせます。道路は凍りませんが、車は錆びます。

と、いうことで

足回りの塗装

15-11-21_3329

純正そのままの状態です。メーカーオプションで「寒冷地仕様」というのがあります。寒冷地仕様についてはこちら

寒冷地仕様でもない限りはメーカーにより多少の差はありますが錆びます。

ちなみに寒冷地仕様でも錆びます。

塗装しました。

15-11-21_3334

今回塗装に使ったのは

15-11-21_3311

タイホーコーザイアンダーコート黒です。

運転席近くの右前側のホイールハウスのみ

15-11-21_3325

ノックスドール900

高価ですがその意味を実感できる一品です。おすすめです。

15-11-21_3323

 

15-11-21_3332

タイヤを取り付けて、完成です。

タイヤハウスも真っ黒、ホイールも真っ黒です。

エアコンフィルター

車内でも暖房を強めに効かせると思いますが、なかなか交換する人が少ない重要なアイテムです。

芳香剤などいろいろな商品が販売されていますがはっきり言ってこれを定期的に交換し続けることが一番悪臭を防ぐ方法です。

このフィルターに結露やほこりなどが付着しカビを発生します。

根源事態を交換しない限り状態は良くなりません。

特に暖房はにおいを引き立たせるため冬支度の一品に加えて良いものだと思います。

交換方法はいたって簡単です。

とりあえずディーラーなどで部品のみ手配して、交換方法を説明してもらいましょう。

タイヤを洗う

勝手ですが身の回りで、この作業を実際やっている人は全くいません。

ですが量販店や知人などが、購入7年目のスタッドレスタイヤを見て

「まだ新しそうなのにもう買い替えるの?」

と、言います。

15-11-21_3305

今回はスタッドレスタイヤを取り付けたため夏タイヤを洗いました。

単純に100均一に売っている手のひらサイズのブラシと、食器洗い用の洗剤で十分です。

タイヤについた油分、ブレーキダスト、泥などを洗い流します。

濯ぎを確実にしっかり行います。

15-11-21_3306

洗った後の最も重要なのがこれ、「呉 ラバープロテクト」

タイヤはゴムです。

ゴムは乾燥と紫外線に弱いです。しっかり施工しましょう。

冷却水、クーラント

エンジンルームに冷却水を入れるキャップが2箇所あります。

両方確認しましょう。

ガソリンスタンドに行けば無料で見ていただけます。

補充する必要がある場合は料金が発生すると思います。

バッテリー

冬、バッテリーは発電容量が少なくなります。

突然バッテリーが上がることがありますので、

ガソリンスタンドにて発電容量チェックをしてもらってください。

これも無料でやってもらっています。

SPONSORED LINK

 -