さゆり的節約術

食べすぎ夫にアレルギーの子供。それでも年間100万円節約できる!

家庭菜園を始めるのに必要な4つの物

      2016/06/28

SPONSORED LINK

トマト

家庭菜園に興味はあるけど「難しい」と感じたり「何から始めればいいのか分からない」などよくわからない人も多いと思います。今回は家庭菜園を始めるにあたって必要なものをまとめてみました。

SPONSORED LINK

鉢(プランター)

鉢植え

鉢(プランター)は特に決まりはなく自分が育てる野菜に適した大きさ・深さなどで選んで購入してください。最近では100円均一等で安く買う事もできます。

鉢の大きさは『号』という表記になっています。1号=直径約3cm。下記の表を参考にしてください。

直径
3号 9cm
4号 12cm
5号 15cm
6号 18cm
7号 21cm
8号 24cm
9号 27cm
10号 30cm

タネ・苗

icon-check-circle タネ

タネ

icon-check-circle 苗

苗

初心者の人なら苗を購入する方が手軽に始められます。ホームセンターやJA・農協などで売られています。

培養土

土

ホームセンターなどに行くと種類が多く迷ってしまいそうですが、初めて家庭菜園を始める人には野菜用の培養土をおススメします。また、肥料が入っている物を選びましょう。

鉢底石(軽石)

軽石

鉢底石(軽石)は土の排水性や通気性をよくする働きがあり、根腐れの予防に効果があるとして鉢やプランターの底に敷き詰めます。

大体、鉢の1/5ほどの高さまで入れるのですが、家庭菜園用の鉢だと小さく土を入れるスペースがなくなってしまうという事も多く入れない人もいます。そんな時はキッチンの三角コーナーで使うネットを代用品としてる人もいます。

初心者が育てやすい野菜

icon-cutlery ミニトマト

植える時期(目安)
寒冷地 5月~6月
暖地 4月~7月
中間地 4月~6月

気温が20℃を超える日が続くようになってからがいいでしょう。トマトは支柱を立て茎を巻き付ける事でより多くのトマトができ、75日ほどで収穫ができます。

icon-cutlery きゅうり

植える時期(目安)
寒冷地 5月~7月
暖地 4月~8月
中間地 5月~8月

育てやすい夏野菜として人気があります。梅雨の時期なので過湿には気を付けてください。また、トマトと同様に支柱又はネットなどで茎を誘引させましょう。30日くらいから収穫ができます。

icon-cutlery ピーマン

植える時期(目安)
寒冷地 5月下旬~6月上旬
暖地 5月
中間地 5月

ピーマンは長く収穫を楽しめる野菜です。収穫は50~60日ほど。

最後に

家庭菜園は子ども達の『食育』にもなります。我が家では

「野菜を育てる」「収穫する」「野菜を調理する」

と子供自身が経験する事で苦手だったな野菜も食べてくれるようになりました。

SPONSORED LINK

 - 節約術